カテゴリー  [ メタリフェルホソアカ ]

メタリ~(^^♪

昨年の忘年会に、

satoshiさんから、頂きました メタリ幼虫

記事書けてません でしたのですが、

春に羽化してたんです


アゴが長くて、カッチョイイの




マット交換無しの、1本返しだったかな。。。



RIMG0027_2016091014212654b.jpg

カッチョイイ!


まぁまぁ、じゃないですか(^^♪


2頭羽化して、2つ共、オスだったの

メスが無くて、累代出来ませんので、
鑑賞用です(笑^^



メタリの事、
ちゃんと調べた事無かったので、
webより、
抜粋し、貼らせていただきました ↓

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【 メタリフェルホソアカクワガタ 】

産地 : ペレン島

体  長: ♂ 24.0~92.0mm
      ♀ 20.0~28.3mm

ペレン島に産するfinae亜種が最も大きくなる傾向にある。


生態 :

セレベス島での観察によると、本種が生息しているのは標高の低い土地で、木も低く明るい環境に生息している。
午前中に多くの個体数が見られ、ツバキ科の低木の若芽に多数つがいで見られるという。
細い枝をすばやく上り下りでき、メスなどが新芽の基部を傷つけ、頭部をつっこみ汁を吸う。
このメスを警護するようにオスが覆い被さっており、鈴木(1996)は交尾したオスが、メスが他のオスと交尾をしないように警護している行動と予測している。また、本種はノボタン科の花にも同様に集まり、樹液にも集まる。

飼育状態でも見られる行動として、よく飛翔するということがある。
ニューギニアのパプアキンイロクワガタのように、本種が若芽や花を探し飛び回っていることが予想される。
オスは触ろうとすると最初は威嚇するが、触れたとたん足を縮めて枝から落ちる。
オスはマットに潜ることは殆ど無く、枝に静止していることが多い。
メスは餌を一週間に一度の頻度で摂取するとき以外はマットに潜り込んでいる。


飼育下で微粒マットにメスは20~30程卵を産み、
孵化した幼虫はその後約半年で成虫になり、
小型のオスやメスほどより早く成虫になる傾向にある。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

なるほどね~
web情報、ありがとう



今期は、白三さんから、
幼虫5頭、頂けましたので、
そちらも、楽しみです

[ 2016/09/10 18:31 ] メタリフェルホソアカ | TB(-) | CM(-)
Twitter...
プロフィール

Author:きかし

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
美人コントローラーβ ランキング
今日は何の日?教えて慧音先生


Powered By 画RSS